平成30年度のe-Tax完了!- デザインや機能が一部新しくなっていました

昨年の宣言通り、早めの確定申告(e-Tax)を終えました。

本当は1月中に…と思っていましたが、結局、8日。それでも、11年目のe-Taxで過去一番早い送付です。

今年から「確定申告書等作成コーナー」のデザインが新しくなっていて、

【確定申告書等作成コーナー】-作成コーナートップ

スマホやタブレットでのe-Taxも可能になっていました。この「ID・パスワード方式」を選ぶと、マイナンバーカードやICカードリーダライタは不要だそうです。

2019.2.18追記

スマホでの申告は、給与所得者が医療費控除や寄付金控除で還付申告をするときのみ使えるとのこと、また、IDやパスワードを受け取るには、税務署に出向き運転免許証などで本人確認の手続きを受ける必要があるとのことです。

etax31-2

新しいものに挑戦したい派ゆえ、こちらの方式が気になりつつも、「マイナンバーカード及びICカードリーダライタが普及するまでの暫定的な対応です」と書かれていたので、昨年と同じ「マイナンバーカード方式」を選択。

暫定的な対応と言ったって、今年スマホでやった人が来年ICカードリーダライタを買うというのも考えづらいのではないかと。スマホやタブレットでの申告とICカードリーダライタを使ったPCでの申告が両方残るというのも十分にありそうですね。

「マイナンバーカード方式」では、必ずNFCポートソフトウェアの更新を!

今回、事前セットアップを実行した後、以下の画面で「マイナンバーカード」の読み取りに失敗しました。

etax31-1

理由は、NFCポートソフトウェアが最新でなかったため。

Surface Proを買い替えたのがほんの数ヶ月前で、その時点での最新版をインストールしてあったので、改めてインストールは不要だろうと思っていましたが、最新版の日付を見ると今月4日にリリースされたばかりのものでした。

Sony Japan | FeliCa | 個人のお客様 | ダウンロード | NFCポートソフトウェア
NFCポートソフトウェア(旧FeliCaポートソフトウェア)は、NFCポート/パソリで動作するアプリケーションソフトウェアを利用するために必要なソフトウェアです。

時期的に、もしかしたら今年のe-Tax対応がらみのバージョンでしょうか?

インストール後にPaSoRiを抜き差しするだけではエラーが解消しなかったため、一旦ブラウザを終了。再び「確定申告書等作成コーナー」から入り直すと、問題無くマイナンバーカードが読み取られました。

これから申告される方は、NFCポートソフトウェアの最新版をインストールした後、事前セットアップを実行した方が良いと思います。

申告書の作成が始まると、見慣れた古いデザインの画面になり、その後の手順はこれまでと変わらず。「リニューアルされていない画面については今後順次リニューアルいたします」と書かれているので、これから全体的に新しくなるのかもしれません。

重要なお知らせ <確定申告書等作成コーナーが変わりました>:平成30年分 確定申告特集
国税庁,年末調整,確定申告,医療費控除,源泉徴収,確定申告2019,確定申告医療費控除,確定申告書等作成コーナー,国税庁 確定申告,所得税

まずは、申告期間前の送付で還付が早まるものなのか、結果が楽しみです。

ネットでの確定申告から何日で還付されたのか?早く申告すると、その分早い? - 過去6年分調べてみました(平成30年度分追記あり)
電子申告が完了し、還付される税金があると知ると、それはいつ戻るのかというのが次の関心事ですね。 私の今年の申告は先月16日。今日、口座に還付金が戻ってきました。初めてe-Taxで申告した10年前には、紙での申告に比べ還付が早いことに驚...

2019.2.23追記

今年の還付金の支払手続を行なう「支払手続日」を知らせるメールが22日に届きました。支払手続き日は25日になっていたので、26日には入金が確認できるかなと思っています。今年は、申告期間初日の18日から数えて8日目の入金になりそうです。

コメント