ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

galileo

海外に行くときには、ネットに接続していなくても見られるオフライン地図をiPhoneに入れていきます

| 0 comments | 1,780 views

国内にいると、山の中でも入らない限り圏外になることもないので、常にGoogleマップが見られるのですが、海外では、「海外パケットし放題」やレンタルWi-Fiルーターを利用しない限り、そういうわけにはいきません。海外では、ホテルに戻って、ホテルのWi-Fiが使用できるときだけ、もしくは、街中のフリーWi-Fiスポットが使用できるときだけ、インターネットに接続するという方も多いと思います。先日の私の旅もそうでした。

ちなみに、そのような使い方をする場合のiPhoneの設定方法は、以前、こちらの記事に書きました。

iPhoneをWi-Fi専用、iPod touchのように使うなら、海外でも無料で使えます | ヒビコレット iPhoneをWi-Fi専用、iPod touchのように使うなら、海外でも無料で使えます | ヒビコレット

 
話を元に戻します。

そういうわけで、「海外パケットし放題」やWi-Fiルーターは使わないけれど、海外の街中で地図が見たい!というときには、Googleマップや標準マップ以外のインターネット接続を必要としない(オフラインでも見られる)地図をあらかじめiPhoneに入れておく必要があります。

私が使っているのは、Galileoのオフライン地図アプリ。アプリもオフライン地図も無料です。

Galileo オフライン地図
無料
(2014.04.20時点)
posted with ポチレバ

 
2年前の海外旅行で使用したときには、オフラインのマップデータをわざわざインターネット上からダウンロードしてくる必要があり、前準備がかなり面倒だったのですが、今回久々に使ってみると、アプリ内で必要な地図をダウンロードできるようになっており、誰でも簡単に使えるよう改良されていました。

例えば、ハワイの地図をダウンロードしておきたい場合の手順はこんな感じ。

アプリを起ち上げ、右下の設定マークをタップ、

galileo_setup1

 
「マップをダウンロード」をタップします。

galileo_setup2

 
必要なマップをタップします。今回は、ハワイの地図なので、「United States of America」をタップ。(アプリの言語設定を「日本語」にすれば、「アメリカ合衆国」と表示されます。)

galileo_setup3

 
続けて、「Hawaii」をタップします。

galileo_setup4

 
ダウンロードするか聞かれるので、「ダウンロード」をタップすると、すぐにダウンロードが始まります。ダウンロードされたマップをタップすると、マップが表示されます。

galileo_setup5

 
実際にGalileoでワイキキ中心部を見てみると、情報量としてはこれ位です。Googleマップほど情報は多くないけれど、通りの名前はきちんと書いてあるし、ガイドブックの地図とは同等かそれ以上だと思います。

galileo_setup6

 
また、自分で自由にスポットを書き込みできるため、私は、行きたいお店の名前や電話番号、営業時間などを入力してから出かけました。旅行の準備には「Evernote」なども使いますが、旅先で情報を確認する段になると、全ての情報を地図上で見られるようにしておくのが使い勝手が良いように思います。

さらに便利なのは、位置情報との連携。iPhoneのGPSは、インターネット接続が無くても使用できるため、地図さえ事前にダウンロードしておけば、たとえ海外であっても、その地図の中での自分の居場所を確認できます。

GalileoでGPSを使えるようにするには、設定アプリの「「プライバシー」>「位置情報サービス」で、「Galileo」をオンにしておく必要があります。デフォルトではオフだったと思うので、これは忘れずに!

galileo_setup8

関連記事も是非!

コメントを残す