アップルウォッチを付けてテニスするなら入れておきたい「TennisKeeper」 – アクティビティに「テニス」として記録が残せます

先日購入したApple Watch 4。

スマートロック(自宅の鍵)とSuica(財布)としての利用で、十分に購入した甲斐があったと思っています。とはいえ、運動に使わないのはその本領を発揮できていないのかもと思う自分もいて……。

「自宅の鍵(Qrio Lock)をアップルウォッチで施錠する」をやってみたくて、Apple Watch 4 を買ってしまいました
「Qrio Lock(キュリオロック)」を買って、スマホで自宅ドアの施錠・解錠ができるようになった話を少し前に書きましたが、そこから更に一歩進んでしまいました。 今月10日に、Apple Watch単体での解錠・施錠が可能にな...

私が唯一定期的にやっている運動、テニスで使ってみることにしました。

Apple Watchにプリインストールされている「ワークアウト」アプリには残念ながら「テニス」が用意されておらず、「その他」として記録するようです。せっかくなら「テニス」として記録されるようにしたいと思い、「TennisKeeper」というアプリをインストールしました。

TennisKeeper - Tennis Tracker

無料
(2018.10.21時点)
posted with ポチレバ

 
テニスを始める際に、Apple Watchの「ワークアウト」アプリでなく、「TennisKeeper」アプリで記録をします(私はいつもダブルスの試合をしているので、「Outdoor Doubles」で記録しています)。

tenniskeeper

そうすると、後でiPhoneの「アクティビティ」を確認した際に、以下の通り「テニス」として表示されます。

tennis

無料版では「ワークアウト」アプリを使ったときと同様、カロリー、歩数、距離、心拍数が記録されます。ただし、距離、歩数のデータは「ワークアウト」アプリでは確認できず、「TennisKeeper」アプリのActivities Logから確認します。

加えて、ラケットを握っている手にApple Watchを付ければ、打ったショット数が記録されます。プレー直後であれば、Apple Watchから総ショット数が確認できるのですが、どこまで正確に記録されているのかよくわかりません。私は左手にApple Watchを付けているので、バックハンドのみ記録されているということなのだろうか……。ただ、iPhoneアプリで後からショットの分析を見るには、有料のプロ版が必要になります。

Tennis Activities
TennisKeeper - Add Tennis Activities

他にもゲーム内容を記録したり、ガットの記録をしたりといろいろな機能が付いているのですが、ずぼらな私は「テニスをした」記録が残れば十分かなと思っています。

2018.11.26追記

先日プレー中にApple Watchを確認したところ、総ショット数だけでなく、フォアハンド、バックハンド、その他と分けて記録されているのに気付きました。実際に打った数は数えていられないので、どの程度正確なのかはわかりません……。

shots

コメント