造幣局見学に行ってきました

お友達が予約をしてくれて、造幣局見学に行ってきました。

造幣局は、主に、硬貨を製造してるところ(ちなみに、紙幣は、「日本銀行券」だから日銀です)。といっても、本局は大阪のため、東京は支局です。東京支局の工場では、収集目的のプルーフ貨幣(鏡面仕上げの硬貨)や記念貨幣を製造しているよう。一般に流通する貨幣の製造工程を観れるわけではないため、あまり期待していなかったのですが、意外と楽しめました!

まずは、ビデオで硬貨の製造工程を観た後、ガイドさんの説明を聞きながら、硬貨の製造過程でできる途中段階の製造物を実際に見たり、「和同開珎」からの硬貨の歴史を見て回ったりします。

「平成12年から製造されている新・500円玉には高度な技術による様々な偽造対策が施されている」
「飛鳥の遺跡から、和同開珎よりも古いとみられる通貨が見つかった」
「千両箱ってどの位の重さ?」
「太平洋戦争末期、貨幣に回せる金属がなくなって、どんな材料で貨幣を製造していたのか」
「10円玉にギザがなくなったのはなぜか」
「硬貨に初めてギザを付けたのは、あの有名な〇〇だった」
「硬貨には表裏があるのか?」

といった面白い話がたくさん聞けました。娘も、お話の中でしか知らなかった大判、小判などを興味深そうに眺めていました。

mint1

 
博物館には、手持ちの硬貨を使って体験できるコーナーもいくつかあるため、自宅から硬貨を多めに持っていくと良いと思います。

お金についての教育ってとても大事だと思うのですが、その一環にもなりそう。我が家もまた行きたいと思っています。日銀見学も以前から行ってみたいと思っているのですが、日銀は小学5年生以上(原則は中学生以上)からなんですよね…。

ところで、以下の写真は、硬貨をかたどった瓦煎餅。お土産として購入してきました。神戸のお店のものだったので、大阪と共通なのかもしれませんね。

mint2

 
見学は平日のみ。午前10時からと午後2時からです。見学希望日の2か月前から10日前まで電話で事前予約を受け付けているとのこと。詳しくはこちら

コメント