8キロ痩せた夫のリクエストで、スマホにデータ送信できる体重計に買い替えました

夫が半年で8キロ痩せました。

「Lose It!」というアプリを使って、体重と摂取カロリーを記録し、アプリが計算した一日の許容カロリーを超えないように食事を制限するというのを地道に続けたところ、比較的順調に学生時代の体重まで戻せたようです。すごい!!

Lose It! – Calorie Counter

無料
(2019.08.20時点)
posted with ポチレバ

そんなわけで、毎朝体重計に乗るというのが夫の習慣となったのですが、我が家の体重計といえば、1,000円位で購入した体重しか測れないオーソドックスなタイプ。もう少しデータが測定できて、スマホにデータ送信されるイマドキな体重計が欲しいとのことで、少し前にこちらに買い替えました。

海外ブランドのものならもっと安いものもありましたが、レビューを読むと、「体重を正しく測る」という基本性能に不安が……。夫の希望もあってオムロン製に落ち着きました(HBF-230Tは一部販売店向けのモデルで、性能はHBF-228Tと変わらないそうです)。

各自がこちらのアプリをインストールし、自分のデータを入力した後、HBF-230TにBluetooth接続して登録します。4名まで登録できるようになっていますが、自分のデータは自分のスマホでしか見られません

OMRON connect

無料
(2019.08.20時点)
posted with ポチレバ

体重測定後、アプリを立ち上げると以下のようにデータが反映されます。

omron_connect

購入するまでは、体重以外のデータなんて必要かな?と思っていたのですが、実際に測ってみると楽しいものですねー。

「体年齢」が実年齢より10歳以上若くなってるのに小躍りしたり(ここのところ悩まされてる四十肩と最近増えてきた白髪のせいで、現実に引き戻されるのが悲しいところ……)。

一方で、「基礎代謝」の少なさに絶句したり……。実は、私、冬に2キロ太ってしまい、やっと元に戻したところなのですが、基礎代謝がここまで下がっていれば、以前と同じように呑み食いして太ってしまうのは当たり前だなぁと。後から思えば、おんなじような数字が「ヘルスケア」アプリにも表示されていたのですが、目に入れないようにしてたんでしょうね……。

ちなみに、測定データはiPhone純正の「ヘルスケア」アプリの他、多くのサードパーティー製アプリ(一覧はこちら)に連携できるようになっています(「OMRON Connect」アプリ内で設定します)。夫のお気に入りアプリ「Lose It!」へも「ヘルスケア」アプリ経由で自動でデータが連携されています。

夫のように毎回の食事のカロリーを記録するようなマメさは持ち合わせていない私ですが、体重だけでも測っていれば「知らない間に太っていた」にならずに済むのだからと、せっせと体重計に乗る毎日です。

あ、タピオカ好きな我が家の中学生女子は、「測り忘れたー」が口癖。

そのままだと知らないうちに、○○よ!……うん?それとも、もう知ってるのか??

コメント