ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

母が教えるファイナンシャル・リテラシー クレジットカードとの付き合い方 (1)

| 0 comments | 322 views

前にも少し触れた(記事はこちら)ことがありますが、家庭でお金との付き合い方を教えることって、とても大事だと思っています。クレジットカードとの付き合い方もその一つ。

私、大学時代に、銀行系クレジットカード会社の勧誘のバイトと信販系クレジットカード会社の督促のバイトをそれぞれ1年程度経験したことがあり、クレジットカードについて学ぶ機会を得ました。

また、アメリカ留学で、学生ながらクレジットカードを支払いのメインとするような生活を送ったことで、社会人になってからも、日常的にクレジットカードを使っていました。若いうちに、その仕組み、メリットやデメリットを見聞きした上で、“使っては返す”のサイクルを繰り返してきたことで、自分なりのクレジットカードとの付き合い方を身につけてきたと思っています。自分自身で経験を積むことが一番だとは思いますが、私の経験から娘が学べることもあるだろうと思い、私なりの気付きをまとめておくことにしました。

さて、本題に入る前に、私が「クレジットカードを持っていないとこんなに困ることがあるのか」と痛感した出来事に触れておきたいと思います。これはまだ、家族カードさえ持っていなかった頃の話。

今から25年程前、大学2年の冬に、母と香港へ行ったときのこと。

申し込んでいたパッケージツアーは、空港からホテルへの送迎のみ付いたフリープランのもので、私達は迎えの車で宿泊予定のホテルに向かっていました。一緒に乗り合わせていたのが、5人でツアーに参加していた中年の男女グループ。ちょっとした自己紹介から、皆さん同じ学校で先生をされていると伺いました。

出発して少しすると、同乗していたガイドさんが「皆さん、クレジットカードは持っていますか?」と尋ねました。母が「はい」と答えたのに対し、先生方は揃って「いいえ」と。ガイドさんが驚いて「1人もお持ちでないんですか?チェックインにデポジットの現金、必要になりますよ。」と言うと、今度は先生方が「えーー!」と驚くことに。

パッケージツアーですから、出発前にホテル代も含んだツアー代金の支払を済ませてきています。それゆえ、先生方は、チェックイン時にクレジットカードの提示、もしくは、デポジットの現金が必要になるなんて、想定していなかったようでした。

預ける必要があったのは、日本円にして確か1泊2万円程度。先生方が事前に用意していた現地通貨では間に合わず、あいにく土曜日で銀行も開いてなかったため、ガイドさんの手持ちの現金を言い値のレートで交換してもらうことで(ガイドさん、たっぷり現金をお持ちでした。抜け目ない!)、なんとかその場をしのいでいました。

デポジットゆえチェックアウト時には戻ってきますが、旅の始まりの予定外の支出というのは、さすがに気の毒に思いました。ただ、25年前の日本は、今に輪を掛けて現金主義であったとはいえ、海外旅行にはクレジットカードを持参するのが一般的になりつつあったんですよね。学校の先生ってクレジットカードがお嫌いな方が多いのかな?とも思った記憶があります。ステレオタイプでしょうか、すみません……。

カードを使う、使わないは別にして、外国ではクレジットカードを“持っていないがために信用されない”ことがあるのだと、私にとって印象的な出来事であり、今でもよく覚えているのです。

2018.1.10追記

続きを書きました。

母が教えるファイナンシャル・リテラシー クレジットカードとの付き合い方 (2) | ヒビコレット

関連記事も是非!

コメントをどうぞ