ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

中学生の娘のiPhoneはこんな設定にしています(1)契約プラン編

| 0 comments | 336 views

娘の小学校卒業を機に、ソフトバンクのみまもりケータイからiPhoneに機種変更した話を書きましたが、どんな設定にしているかについても記していきたいと思います。まずは、契約プランについて。

機種本体は、購入ではなく、私が使っていたiPhone 6のお古。みまもりケータイの番号をUSIMカードに引き継ぐ形で機種変更し、ソフトバンクの「スマホデビュー割」を利用しているため、毎月の料金はほぼ3,000円です。

契約プランとしては、以下の通りで4,900円。

通話 スマ放題ライト(1回5分以内の通話無料) 1,700円
データ データ定額ミニ1GB 2,900円
オプション ウェブ使用料 300円

これがスマホデビュー割を適用できる最安の組み合わせです。

ここから、スマホデビュー割の2,100円が毎月引かれるため、月々2,800円。これに消費税が乗って3,024円、ほぼ3,000円です。

スマホデビュー割」は、はじめてソフトバンクの iPhone、スマートフォンを契約する人を対象とした割引で、次の機種変更までずっと、毎月の通信料金から2,100円割引されます。月々割との併用ができないため、ソフトバンクで新規にiPhoneを購入する際には向いていないですね。私のように、自分が使っていた端末を使わせる場合など、別途端末を用意できる場合に使う割引だと思います。

iPhone 8、iPhone Xへの機種変更を検討中の方で、近々iPhoneを使わせる予定のお子さんがいらっしゃる場合、iPhone 6を下取りしても計12,480円分の割引、iPhone 7でも月々1,285円の計30,840円の割引しか受けられないようなので、スマホデビュー割を見据えて、手元に残しておくというのはアリかなと思います。

下取りプログラム(機種変更) | キャンペーン一覧 | キャンペーン | モバイル | ソフトバンク 下取りプログラム(機種変更) | キャンペーン一覧 | キャンペーン | モバイル | ソフトバンク

 
スマホデビュー割の適用は「次の機種変更までずっと」となっていますが、娘の場合にはSIMカードの契約ゆえ、次に私のiPhone 7を譲るときには、自宅でSIMカードを差し替えれば済んでしまいます。こういう場合、本当にずっと適用が続くのかどうかは微妙なところ(藪蛇になりそうで、質問できず……)。もし適用が終わることがあれば、次に渡すiPhoneはSIMロック解除してあるので、格安SIMにすれば良いと思っています。

データ定額が1GBでは足りなくなる月もありますが、低速になってしまっても、LINEやMMS、iMessageのメッセージ交換(スタンプも含めて)には支障が無いし、そもそも外出先で積極的にデータ通信させたいわけでもないため、これで十分、むしろデータ通信量に制限がある方が良いと思っています。通学中はこれまで通り読書の時間に充てて欲しいし、必要があれば、自宅のWi-Fiを使えば良いわけですし。

家族全体の契約プランにおいても、私達夫婦は、仕事で電話を多用するため、ソフトバンクを離れる判断を下さずにきましたが、使用しているiPhone 7はSIMロックを解除してあり、格安SIMの利用も常に選択肢には入れています。とはいえ、先日販売された新しいApple Watch(ちょっと気になる!)は、格安SIMにしてしまえば使えないようですし、月々の費用も1人4,000円程度(iPhoneは一括購入していて、月々割が適用されています)に抑えられていることもあり、とりあえずはソフトバンクで良いかなと思っています。

関連記事も是非!

コメントをどうぞ