ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

imessage

中国(上海)でもiMessageが使えるようです

| 0 comments | 2,002 views

以前調べたときに情報が見つからなかったので、誰かの役に立つこともあるかと思い、書いておきます。

少し前から妹家族が上海で生活しているのですが、中国ではLINEやFacebookが使えないため、連絡は主に「WeChat」で取っていました。

このアプリ、決済に使えたりして中国内では“使える”アプリのようなのですが、肝心のチャットの機能がとても不安定。特にプッシュ通知の部分が怪しいです。

バナーによる通知が届かないだけでなく、バッジによるお知らせも無かったりするので、メッセージが届いていることに全く気付かないということが何度もありました。アプリを開けば、メッセージが届いていることがわかるのですが、毎日のコミュニケーションや決済に「WeChat」を使う妹と異なり、こちらは妹に連絡を取りたいタイミングでしかアプリを使うことがないため、メッセージを1週間放置していた……なんてことも。

WeChat」には既読/未読を知らせる機能が無いため、既読スルーなのか、全く見ていないのか、お互いに知るすべがありません。気軽に電話し合えない海外にいる相手とのメッセージのやりとりにこそ、既読かどうかを知らせる機能が重要なのだと実感します。

そんなわけで、代わりに「iMessage」にしたところ、これがとっても快適です。ネットで調べてみても、中国(上海)で使えるかどうか情報が無かったのですが、携帯ネットワーク(China Unicom)、自宅のインターネット回線(回線種別、提供会社などは未確認)、共に問題無く使えています。

ご参考までに、妹のiPhone上でiMessageを使用するアドレス(番号)は、中国の携帯電話の番号ではなく、AppleIDのメールアドレスにしています。

2017.8.26 追記

現地SIMカードでiMessageを使用する場合には、SMSが利用可能なSIMを選ぶ必要があるようです。また、プリペイドの残高が切れているSIMカードを挿した場合にも、iMessageが無効になります。詳細は以下の記事をどうぞ。

海外SIM(格安SIM)でiMessageを使用する際に気をつけるべきこと | ヒビコレット 海外SIM(格安SIM)でiMessageを使用する際に気をつけるべきこと | ヒビコレット

関連記事も是非!

コメントを残す