ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

etax

e-Tax歴8年にして初めて保管書類の提出を求められました

| 0 comments | 563 views

今月初めに、税務署から「保管されている書類の提出のお願い」という通知が届きました。e-Taxは今年で8年目になりますが、これが届くのは初めてです。

e-Taxの場合、通常の確定申告では提出する義務のある源泉徴収票や医療費の領収書、各種保険料の控除証明書などの提出を省略することができます。税務署から確認を求められることがあるので、法定申告期限から5年間は保管しておくことになっていますが、これまで確認を求められたことがなく、このような抜き打ちテスト(?)を実施していることも知りませんでした。

通知には「この制度をご利用していただいた方の中から一定の方を抽出させていただき」とあります。たまたま私が選ばれたのか、今年からふるさと納税の申告をしたことが関係しているのか(昨年までとの違いはこれだけ)、私にはわかりません。

「書類の返却を希望される方は、税務署へご連絡ください」とも書かれていたので、電話で返却を希望する旨を告げ、書類を郵送しました。e-Taxを利用するまでは提出していた書類ですから、戻ってこなくても良いわけですが、過去の年度のものとの一貫性をもたせたく、手元に保管しておきたいと考えたためです。

ちなみに、今年のe-Taxは、PaSoRiとSurface Pro3の組み合わせ(このセットでやるのは今年が初)で行ないましたが、全く問題無しでした。

 

2016.6.21 追記

10日ほどで「書類の確認結果について」の通知が届きました。提出した書類と送信データの内容を「照合した結果、相違ありません」とのことで、無事、書類も手元に戻ってきました。

関連記事も是非!

コメントを残す