ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

messages_app

au iPhoneからソフトバンクiPhoneに替えたら、見直すべき「メッセージ」アプリ設定

| 0 comments | 4,541 views

先日、『au iPhoneからソフトバンクiPhoneに替えたら、「メッセージ」の返信が自分にも届くようになっちゃったのだけれど…』と友人から質問を受けました。

彼女の場合、au iPhoneでは、@ezweb.ne.jpのアドレスを「メッセージ」アプリで使っていて、ソフトバンクiPhoneに替えてからは、@softbank.ne.jpのアドレスを「メッセージ」アプリで使っているとのこと。

恐らく「MMSメールアドレス」の設定が以前の@ezweb.ne.jpのアドレスのままになっているのだろうと思い、確認してみたところ、やっぱりそうでした。

変更するには、「設定」アプリから、「メッセージ」を選び、

messages2

 
画面一番下にある「MMSメールアドレス」を新しいアドレスに変更します。

messages3

 
これで、メッセージの返信が自分にも届いてしまう問題は解消します。

ついでに、iMessageの設定を確認

ところで、同時にもう一つ見直すべき設定が「送受信」の設定です。

messages1

 
ここには、iMessageの送受信に使用する電話番号やメールアドレスが設定されているのですが、以前のキャリアのアドレスが設定されていないか、確認しておいた方が良いと思います。

もし、古いアドレスが設定されていたら、チェックを外しておきます。

キャリアのアドレスは、他のキャリアに移れば、自動的に使えなくなってしまいますが、iMessageのアドレスとしては有効なままです。アドレス変更のお知らせメールを送れば、相手は連絡帳のアップデートをするでしょうし、古いアドレス宛てにメールが送られてくることはほぼ無いでしょうが、相手がiMessageユーザーであれば、古いアドレス宛てでもiMessageとして送ることができてしまいます。相手の混乱を招く可能性もあるため、古いアドレスのチェックは外しておくのが無難だと思います。

そもそも、iMessageにキャリアのアドレスを設定するのは、個人的におすすめしません。詳しくは、以下の記事をどうぞ。

iMessageを使う前にやっておきたい設定 | ヒビコレット iMessageを使う前にやっておきたい設定 | ヒビコレット

 

ちなみに、AppleIDが以前のキャリアのアドレスになっている場合には、そちらも変更した方が良いと思います。

Apple IDに使用していたメールアドレスが使えなくなってしまった……ときにやること | ヒビコレット Apple IDに使用していたメールアドレスが使えなくなってしまった……ときにやること | ヒビコレット

古いApple IDでサインインしている「iCloud」からサインアウトできない! – 「iCloud」からサインアウトする前にApple IDを変更してしまった場合にやること | ヒビコレット 古いApple IDでサインインしている「iCloud」からサインアウトできない! – 「iCloud」からサインアウトする前にApple IDを変更してしまった場合にやること | ヒビコレット

関連記事も是非!

コメントを残す