ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

無料のFAX送信サービス「MyFax」を利用してみました

| 0 comments | 8,120 views

我が家にはFAXがありません。かさ張るFAX付き電話をリビングに置くのが嫌で、5、6年前にやめてしまいました。

FAXが無いと言うと友人には驚かれることもありますが、ほとんどの場合、添付ファイルをメールでやりとりすることで代用できてしまいます。どうしてもFAXでないとという場面は、一年に数回程度。

そんなときにはコンビニを利用したり、実家のFAXを借りに行ったりしていたのですが、無料で使えるFAX送信サービスがあると知り、今回初めて使ってみました。米国のj2 Globalが提供する「MyFax」というサービスです。24時間以内に2通までであれば、ユーザー登録など一切なく、無料で使用することができます。

まずは、実家に送り、どんな風に送信されるのかを見てみることに。

MyFax」にアクセスし、送り先の名前、FAX番号、自分の名前、メールアドレスを入力します。このサービスを利用すると、FAXは米国から送られてくるため、国際電話と同様、市外局番の最初の0は除いて、入力します。また、ここに日本語を入力してしまうと、文字化けしてしまうそうなので、全てローマ字で入力します。

fax2

 
FAXの本文部分は添付ファイルとして用意します。こちらは、ファイル名も含め、日本語で大丈夫。私は、FAXの本文部分をWordで作成し、作成したWordのファイルをここで選択しました。

「SEND FAX」をクリックすると、以下の確認メッセージが表示されます。確認メールが届くので、そのメール内のリンクを必ずクリックして下さいという内容です。

fax1

 
その確認メールは、数分で届きます。指示通り、メール内のリンクをクリックします。

fax3

 
すると、FAXが送信されたというメッセージが表示されます。

fax4

 
5~10分位で、今度は「FAXの送信に成功した」旨を知らせるメールが届きます。何らかの問題があって、FAXが送信できなかった場合には、その旨を知らせるメールが届くようです。

fax5

 

実家に送信されたFAXを確認してみると、こんな感じ。カバーレターこそ、以下のように、英語で、下半分に「MyFax」のサービスが紹介されたものになりますが、添付ファイルで送った部分は日本語できちんと表示されていました。

cover_letter

 
問題無く利用できることが確認できたため、早速、FAXでのみオーダーを受け付けるお店の発注に利用しましたが、無事に商品が届きました。

機密性の高い文書の送信には適しませんが、そうでなければ、十分に使えるサービスだと思います。24時間以内に2通まで無料というのも、良心的ではないでしょうか。

最後に、電話機のこと。

FAX付き電話をやめて、最初に購入したのは、amadanaのコードレス留守番電話機でした。デザインが良く、夏木マリさんの怖ーい留守電メッセージも悪くなかったのですが、3、4年の間に何と三度(!)の故障を経験。

今は、SHARPのコードレス電話機を使っています。リビングに置いている子機は、親機よりさらにシンプルで、良い意味で存在感が無いところが気に入っています。

関連記事も是非!

コメントをどうぞ