1,435 views

娘の読んだ本を「読書メーター」に記録しています

娘は本を読むのが好きです。

年長さんの頃は、絵本を読んだ後に、本の名前と著者名、簡単な感想や絵を書くのが習慣でしたが、小学生になってからは、なかなか時間が作れません。

それで、時間をかけずに、記録できそうな「読書メーター」というサイトを使ってみることにしたのです。

本来は、感想に「ナイス」したり、「コメント」したりと、ソーシャル的な要素もあるサービスですが、娘のプロフィールはすべて「非公開」とし、あくまでも記録目的で使っています。使い始めてまだ2か月ですが、記録が苦にならないので、長く続けられそう。

本を読み始めたら、その本をAmazonの蔵書から検索します(検索窓は「読書メーター」サイトの中にあります)。登録は、検索結果からワンクリック、とても簡単です。読み終わったら、「読んでる本」から「読んだ本」に情報を更新。読了日が自動で記録されます。

読んだ本が一覧で表示されるだけでなく、読んだ本の冊数とページ数をグラフ化してくれます。

graph

娘は、冊数やグラフにあまり関心がありませんが、お子さんのタイプによっては、これが励みになり、たくさんの本を読みたい!という気持ちにつながるのかもしれません。

ところで、娘は、幼稚園時代に書いたスケッチブック(本の感想)を時折出してきては、読み返しています。他愛ない感想ですが、読むと、本の内容を思い出すことができるそう。楽しく読めた本があると、「この本、感想書きたい!」と言います。学生時代、読書感想文を書くのが苦痛だった私には考えられないことですが、こちらも、可能な範囲で続けていって欲しいと思っています。

book_reports

コメント