ヒビコレット

私と娘の日々是勉強

毎日持ち歩く方のモバイルバッテリーは、本体の軽さで選びました

| 0 comments | 2,818 views

モバイルバッテリーのことを書くのは、3回目。でも、毎日持ち歩くためのモバイルバッテリー探しにやっと終止符を打ったので、書いておきます。

最近のモバイルバッテリーは、大容量が主流ですが、敢えて、容量を軽視し、本体の軽さで選びました。PanasonicのQE-QL102です。

これまで使っていたのは、QE-QL201。このバッテリー、他社の同等容量のものより、コンパクトで場所を取らないのはとても良いのですが、ずっしり重いのです!
 

 
142gあって、毎日は持ち歩く気になれません(ちなみに、iPhone 5の重量は112g)。

その点、iPhone 4時代に使っていた「iWalk」は、重さがほとんど気になりませんでした。試しにキッチンスケールで量ってみると、52gしかありません。毎日持ち歩くためのバッテリーは、上記の製品との使い分けを明確にするためにも、このあたりの重量で探していました。

ところが、先にも書いた通り、最近は大容量が主流。軽量、コンパクトと謳っていても、1回分フル充電に重きを置いているせいか、80g程度はあるのです。私は、フル充電にはこだわらないので、軽量に徹した製品を選ぶことにしました。そもそも、普通に使っていたら、iPhoneのバッテリーは夜まで十分にもつわけですし。

購入したのは、PanasonicのQE-QL102です。 
 

 
容量1,430mAhで、「スマホを60%充電」できるタイプ。ちょうど化粧品のコンパクト位の大きさで、9cmほどのケーブルが一体となっています。肝心の重量は、58g。つまんで持ってみると、薄くて軽い!

iPhoneと並べて置いてみるとこんな感じです。

qe-ql102

 
QE-QL102のパッケージには「iPhoneには使用できません」、「iPhoneには適合しません」と注意書きがあるため、購入を躊躇される方もおられるかもしれませんが、「USBモバイル電源対応機器検索」にアクセスすると、メーカー側でiPhone(3G、3GS、4、4S)での動作確認を済ませていることを確認できます。

iPhone 5のみメーカーでの動作確認が無く、個人判断となりますが、「Lightning – Micro USBアダプタ」(上の写真、右下)を取り付ければ、問題無く充電できます。iPhoneの残量が20%以下(赤い表示)になった時点で充電開始すると、80%~90%位まで回復させることができます。

以前にも書いたけれど、この「Lightning – Micro USBアダプタ」だけでも持っていれば、万が一のときにコンビニで安い充電器を買うことができるし、Android持ちのお友達からバッテリーのおすそ分けをしてもらうことも可能です。Androidは、電池の持ちが悪い機種もあるようで、私の周りでも大容量のバッテリーを常備している方が少なくありません。私も貸してもらったり、貸したりと、バッテリーを融通し合うことがあります。

ちなみに、Panasonicのモバイルバッテリーは、今月の26日に既存のラインナップが一新するようですが、私の購入したQE-QL102は継続して展開されるとのこと。軽いものを好まれる方も多いのかもしれませんね。

パナソニックのモバイルバッテリーは“スマート収納、高品質、置くだけで充電” - 家電Watch パナソニックのモバイルバッテリーは“スマート収納、高品質、置くだけで充電” – 家電Watch

関連記事も是非!

コメントをどうぞ