17,073 views

「メッセージ」アプリのメッセージ最大保存件数(保存容量)について調べてみました(2018.11.8追記あり)

「iPhoneの『メッセージ』って、何件まで保存できるの?要らないものを削除していった方がいいの?」と質問を受けました。

本体の保存容量がとても少なかったケータイでは、500件とか1,000件といった制限がありましたが、iPhoneには最低でも16GBのストレージ容量があります。私のiPhone 5上には、iPhone 4を使い始めた日から約3年分のメッセージがすべて残っているし、たとえ何らかの制限があるとしても、それほど気にしなくて良いような制限のはずです。

とはいえ、実際のところはどうなのだろう?と思い、調べてみました(文末に追記があります)。

調べるうちに、たくさん見つかったのは、15MB(75,000件程度に相当)という制限。iOS 5.0で、「メッセージ」の容量が15MBに制限されたとのことで、これを超えると「メールボックスが一杯です。不要なメッセージを削除して下さい」というメッセージが表示されるとのこと。

ちなみに、写真などは別の場所に保管されるので、この容量は(データベースに保存される)テキストのみに適用されるようです。ソースは以下。

iOS 5 update deleted text messages | Communities

ところが、Appleのサポートサイトの「15MBの制限」に関する記述は、その後すぐ削除されたとのことで、現在は、以下のような内容になっています。SMSメールボックスが一杯になったというメッセージが出たら、iOS 5.0.1以降にアップデートするよう奨めています。

iPhone、iPad、iPod touch でメッセージを送受信できない場合
メッセージを送信するときに警告が表示される場合や、メッセージを送受信できない場合の対処法をご案内します。

サポートコミュニティの以下のやりとりを見ると、SMSのバックアップが20MBを超えているというユーザーもいるため、この制限は無くなったのか、もしくは、より大きな容量に変更されたのかも知れません。

How does iphone treat old sms messages? A… - Apple Community

iOS 5.0.1以降の容量については、英語のソースも含め、他には有益な情報が見当たりませんでした。

75,000件は十分な件数に思えますが、一方で、本体のストレージ容量が最低でも16GBあるiPhoneで、なぜAppleが「メッセージ(SMSのデータベース)」を15MBなんて少ない容量に制限したのかについては、疑問が残るところです。

とはいうものの、万が一、容量の制限に達してしまったとしても、今までのケータイのように古いものから勝手に削除されてしまうような仕様ではなく、メッセージで知らせてくれる仕様になっていることがわかったのは大きな収穫。今まで通り、制限は気にせず使っていこうと思います。

2018.11.8追記

とても古い記事なのですが、いまだに読まれているため、新しい情報を付け加えておきます。

私はこれまで5台のiPhoneを使ってきましたが、私のiPhone上のメッセージは、2010年7月から1通も消えることなく、現在819.8MBあります。上記の制限は過去の話で、現在、制限は全くないものと思われます。ご参考まで。

コメント