電車の乗り換えは、この3つのアプリを愛用しています

先日、バスのことを書いたので、電車のことも。

電車用のアプリは、以下の3つを状況に応じて使い分けています。

まずは、「乗換NAVITIME」。主に、出かける前の乗換の検索に使用しています。他のアプリを使っていた時期もあったのですが、乗換に適した乗車位置や「1本前」・「1本後」の確認ができるところが気に入り、今はこれに落ち着いています。

乗換NAVITIME

無料
(2013.10.30時点)
posted with ポチレバ
Androidアプリはこちら

 
次に、「もうすぐ駅に着くから、電車が来る時間をさっと調べたい」というときに重宝している「駅.Locky」。乗り換えがない場合はこちらの方が断然便利です。

Androidアプリはこちら

 
よく使う駅を登録してあり、駅に向かう道すがら、サッと確認しています。電車が来る時刻ではなく、来るまでの時間を秒刻みでカウントダウン表示してくれます。「小走りすれば間に合いそう!」、「次(の電車)にしよう」といったことが直感的にわかります。

locky1

 
最後が、駅から少し離れた場所に向かうときに威力を発揮する「Googleマップ」です。

Google Maps

無料
(2013.10.30時点)
posted with ポチレバ
Androidアプリはこちら

 
乗り換えの情報だけでなく、徒歩の所要時間や道順まで合わせて確認できるのがとても便利です。

googlemaps1

 
ただし、徒歩の所要時間は、単純に距離を速度(5km/h)で割って計算されているようで、信号待ちの時間などは含まれていません。何回か信号待ちがあったりすると、私の場合、多少急ぎ足で歩いても電車にギリギリということがあります。歩くスピードは人によって違うので、誤差を考慮しておけばより快適に使えると思います。

私のiPhone活用法
ヒビコレット

大学卒業後、2年間のエンジニア勤務を経て、外資系コンサルティングファーム・IT企業で11年間コンサルティング業務に従事。2010年秋に会社員を辞めてからは、以前よりのんびりしたペースで仕事と主婦業を楽しんでいます。夫、中学生の娘、私の3人家族。

ヒビコレットをフォロー
ヒビコレット

コメント