1,243 views

iPhoneらくらくホン化計画 (9) 文字入力が面倒なら、手書きでも音声でも検索できます

昨日、母に教えたら、とても喜んでいたGoogleの検索方法。普通に文字を入力するよりもずっと早く検索できる「手書き入力」と「音声検索」です。

「手書き入力」の方は、「Safari」アプリを使います。まずは、Googleへアクセス。画面下の「設定」をタップします。

tegaki2

「検索設定」画面で、「手書き入力」を有効にしたら、画面をスライドして、「保存」をタップ。

tegaki3

すると、検索ページの右下に手書きの「g」が表示されています。これをタップします。

tegaki4

以下のような表示になっていれば、手書き入力できる状態です。

tegaki5

例えば、「丸ビル」の営業時間を調べてみます。新宿ルミネの中のDEUXIEME CLASSEが一時閉店してしまったので、丸ビルのお店に春物を見に行こうかなと。画面に大きく、「丸」と書きます。

tegaki1

一瞬で認識されて検索候補に「丸ビル」が表示されました。これをタップ。

tegaki6

results

丸ビルの営業時間がわかりました。手書きで「丸」と書いただけだから、1秒もかからずに検索できちゃいました。やはり漢字を直接書けるのが速さにつながります。

一方、音声の方は、CMでもやっているから、ご存知の方も多いと思います。こちらは、「Google検索」アプリを使います。

Google 検索

無料
(2013.10.30時点)
posted with ポチレバ

アプリを起動して、「音声検索」をタップ。「お話しください」と出て、音が鳴ります。

voice

voice2

「丸ビル」と声に出すと、こちらも、一瞬で検索できました。電車の中や人が多い場所では少し恥ずかしいのですが、画面をほとんど見ずに済むところが便利です。状況に応じて、使い分けるのが良いかなと思います。

コメント