7,990 views

娘も触るiPhoneだから、「アプリの購入」や「動画やテキストの検索」には制限をかけています

iPhoneには、楽しいアプリがたくさんあるので、娘が使うこともしばしば。

私の目の前で使わせることが大前提ですが、ずっと見守っているわけにもいきません。誤って好ましくない内容を表示してしまったり、課金されてしまったりすることのないよう、設定でカバーできる部分はやっておきたいもの。

まずは、アプリの購入に関する設定

「設定」>「一般」>「機能制限」で、「アプリ内での購入」をオフにし、さらに、アプリの購入には常にパスワードの入力が必要になるように「パスワードを要求」を「即時」にしています。(デフォルトでは、「15分」に設定されているため、アプリを購入してから15分以内はパスワードなしで他のアプリが購入できてしまいます。)

appstore_settings

無料アプリ(特に、ゲーム)でも、アイテムを購入させたり、有料版へのアップデートを促したりするアプリは多いため、アプリ内での購入ができないようにしておくことは重要だと思います。

次に、テキストや動画の検索に関する設定

検索結果に偶然好ましくない内容がまぎれこんでしまうことがないよう、設定しています。この設定ですべての不適切なコンテンツを防げるわけではありませんが、やっておいた方が多少なりとも安心できると思います。

私のSafariでは、「検索エンジン」に「Google」を使用するよう設定しているため、Google側で設定を行ないます。Googleのトップ画面の下の方にある「設定」リンクをタッチします。

safari

「検索設定」画面で、「セーフサーチフィルタ」を「強」に変更し、設定を保存します。

safari2

また、「YouTube」アプリでも同様の設定を行ないます。

YouTube

無料
(2013.10.30時点)
posted with ポチレバ

アプリを開き、左上の三本線のようなマークをタッチ、

youtube1

「設定」をタッチ、

youtube2

「セーフサーチフィルタ」を「強」に変更します。

youtube3

最後に

私のiPhoneなので、自分の利便性が著しく損なわれるような設定にはしていません。とはいえ、ネット上には子供には触れさせるべきでないコンテンツがたくさんあることも確か。バランスを探りながら、より良い設定へしていけたらと考えています。

ところで、我が家は、娘に専用のiPod TouchやiPadを使わせるのはまだ早いと考えていますが、娘専用にするなら、Safariの代わりに安全なブラウザを使用するといった対策が必須だと考えています。そのような設定は、以下のサイトが参考になると思います。

わが子にiPhoneを持たせる前に、設定したいフィルターや機能制限。 | AppBank – iPhone, スマホのたのしみを見つけよう
こんにちはとしずむです。「子どもに iPhone をねだられた」「新しい iPhone を購入したから古い機種を子どもにあげた」そんな時に気になるのが、子どもに iPhone を持たせる時の設定ですね

2018.5.24追記

中学生になった娘が使うiPhoneはこんな設定にしています。

中学生が使うiPhone設定(3)キャリア、ブラウザ、検索エンジンのフィルタリング(アクセス制限)を組み合わせて利用しています
友人から「子供にiPhoneを持たせることにしたから、iPhoneでどんなアクセス制限ができるか教えて欲しい」と聞かれたので、まとめておこうと思います。
中学生の娘のiPhone、インスタのインストールと引き換えに「スクリーンタイム」機能を使ったアプリの使用制限を導入しました
iOS12に導入された新機能の1つ「スクリーンタイム」。iPhoneを使用した(画面を見ていた)時間がアプリ毎に記録、表示されます。

コメント