2,617 views

iPhoneらくらくホン化計画 (6) ホーム画面もシンプルに!

フォルダや複数の画面を使って、たくさんのアプリやショートカットを置けるiPhoneですが、ときにはこれらも混乱の元。母のホーム画面はできるだけシンプルにしてあります。

home_sample

使わないアプリやフォルダは2番目の画面に移し、母が使うものはすべて最初の画面に配置しました。元々「便利ツール」フォルダに入っている「計算機」アプリや「連絡先」アプリは、フォルダから出しました。

ドックに入れたのは、「カメラ」「電話」「メッセージ」「Safari」の4つです。

実は、「電話」アプリは、当初メインで使わない予定でした。iPhoneの「電話」アプリは、電話をかける際に最低でも2回タップしなければなりません。電話の基本機能だけは、どうしてもケータイに分がある。せめて、よく電話する相手にはワンタッチで電話をかけられるように、「父(への通話)」や「自宅(への通話)」など、いくつかアイコンを作成するつもりでいました。(私が使っているアイコン作成アプリはこちら

ところが、母は、どの電話も同じ手順でかける方が戸惑わないので「電話」アプリで十分とのこと。そこで、「電話」アプリの「よく使う項目」にいくつかの電話番号を登録するにとどめました。

「特定の電話番号宛ての通話」をアイコンにした方がより「らくらくホン」らしく使えるとは思いますが、電話をかける相手の数、頻度などを見極めて、設定するのが良いかなと思います。

コメント